日本古来の勾玉意匠を、日本の職人の手でさまざまなアイテムに

はじめに

縄文時代にこの国で誕生したといわれる勾玉。

私たちは、いつのまにか この勾玉意匠にすっかり魅せられてしまいました。

そして、日本の職人の手を借りて様々なアイテムを作ってみようと思い立ちました。

勾玉は、古来より不思議な力が宿るとされ、魔除けや災難から身を護るお守り、

あるいは装身具として身につけられてきました。

また、神話の時代に誕生したと言われている剣、鏡、勾玉の三種の神器、

これは、草薙剣、八咫鏡、八尺瓊勾玉の三種の宝物のことで

皇位継承の印とされ、日本歴代の天皇が受け継いできました。

勾玉の形の意味については、月の満ち欠け、水の雫、胎児の形、動物の牙など

諸説ありますが、いずれも定かではありません。

時空を超え、倭国、大和、日本に伝わってきたこの聖なる形状は、

それぞれの時代の職人たちの繊細な手によって具現化されてきました。

多様な次元に存在する勾玉を、私たち「MAGATAMANIA」は発見し、楽しみ、

また、現代の日本の職人の手によって様々な形で表現していきたいと考えています。

皆さまもぜひ、「MAGATAMANIA」のアイテムを通して、

太古からこの国に伝わってきた、人生を豊かにする力に触れてみませんか。

  • 包む

  • WRAP
  • 敷く

  • LAY
  • 飾る

  • DECORATE
  • 着ける

  • WEAR
  • 味わう

  • ENJOY
  • 癒す

  • HEAL

包む

WRAP go

敷く

LAY go

飾る

DECORATE go

着ける

WEAR GO

味わう

ENJOY GO

癒す

HEAL GO